きっかけ

 1999年8月築後約50年が経過し、老朽化してきた我が家を一部改築しようと、設計事務所さんに相談したところ、道路斜線等いろいろ制限があり、改築よりもリフォームした方がいいとのアドバイスを受け、リフォームに決定しました。

設計開始

 方向性が決まったところで正式に設計管理をお願いしました。

基本プランの作成

 はじめに現況図を作成し、こちら側の要望を伝え幾つか基本プランを作成してもらい何度も書き直していただき、とても気に入った設計になりました。

要望の内容

  ダイニングとキッチンを祖母の部屋の近くの鉄筋2階建ての車庫の2階部分にしたい。それに伴い玄関も2階にしてほしい。
  キッチンのガスコンロは業務用のハイカロリータイプにしたい。また祖母のために電磁調理器付のミニキッチンも併設したい。
  ダイニングは畳の床暖房にしたい。また焼肉等が出来るように食卓の上にフードを設置してほしい。
  トイレは洋式と和式1箇所づつ作ってほしい。
  ダイニングと私の書斎との間仕切り壁は1枚ガラスでスタジオのようにしてほしい。またプロジェクターを使用して映画を見たいので遮光性と遮音性のいい部屋にしてほしい。
  風呂場は1.25坪にしてほしい。
  空調はガスにしてほしい。
  なるべく収納を多くしてほしい。
  各部屋にネットワークケーブルを配線してほしい。
  庭はシンプルなものにしてほしい。

 

設計図の完成と工事業者の決定

 最終的な設計図が完成したのち、工事の見積りを出してもらい、こちら側の予算と照らしあわせて、契約しました。その後工事開始の日や工期の確認をしました5月8日から工事開始です。